銃刀法について

エアガン規制

改正銃刀法

2006年の改正銃刀法により規制値(0.98J※)を超える弾測を有するエアガンは準空気銃として所持が禁止されています。弾速を抑える合法な処置をしていない下記製品を所持している場合、1年以下の懲役、または罰金30万円以下となります。
※0.2gの6mmBB弾の場合0.98ジュールを超えると違法になります。

2005年以前に発売された物や海外製エアソフトガンの中にはメーカー出荷時点で規制値を超える弾速の物が存在します。その為、当店では買取時及び販売時に必ず全てのエアソフトガンの弾速を計測しております。

買取不可エアソフトガン

  • ・弾速が規制値(0.98J)を超える製品全て。
  • ・2006年以降に発売された商品でも検品時に規制値を越えた場合は買取をお断りします。
  • ・スライド又はフレームが金属製のハンドガン全て。

銃刀法により『けん銃』に指定されているエアガン

  • ・タナカ S&W M500(カシオペアモデル)※蓄圧式カートリッジタイプ
  • ・タナカ コルトSAA45(カシオペアモデル)※蓄圧式カートリッジタイプ
  • ・コクサイ M29パワーアップマグナム(蓄圧式カートリッジタイプ)
  • ・アサヒファイヤーアームズ M40A1(蓄圧式カートリッジタイプ)

※警視庁HPに「所持している方は、速やかに最寄りの警察署に提出して下さい」と記載されています。

モデルガン規制

46年規制

1971年(昭和46年)の銃刀法改正によってモデルガンの外観に対する下記の規制が加えられました。

  • ・金属製の拳銃型モデルガンは銃腔に相当する部分を金属で完全に閉塞すること。
  • ・銃把(グリップ)に相当する部分を除く表面全体を白色か黄色に着色すること。

※金メッキは「黄色」と判断される為、問題ありませんが銀メッキは「白色」とは判断されないので違法です。

52年規制

1977年(昭和52年)に銃刀法改正によってモデルガンの構造に対する下記の規制が加えられました。

  • ・金属製モデルガンの主要部分に使用できる素材はブリネル硬さ91以下の金属(亜鉛合金など)に制限。
  • ・銃身に相当する部分の基部にインサートを鋳込むこと。
  • ・回転弾倉に相当する部分の前部にインサートを鋳込み、薬室に相当する部分の隔壁に切れ目を入れること。
  • ・銃身に相当する部分が交換できないように機関部体(フレーム)に相当する部分と一体鋳造にすること。

※52年規制により「SM」マークの商品は販売目的の所持が禁止されています。
※52年規制適合品にはメーカー組合が新たに「SMG」マークの刻印を付けています。

SMG刻印

・金属製モデルガンの場合、SMG刻印が本体のどこかにあれば売買は可能です。
※例え52年規制に適合していても「SMG」刻印が無い場合、当店では買取出来ません。

買取不可モデルガン

・52年規制に抵触するモデルガン全て。
※「王冠マーク」「SM」刻印の商品は全て買取り出来ません。
・ABSやHW製でもバレルのインサートを抜いて貫通させている物は買取り出来ません。

年齢制限

年齢制限について

  • ・対象年齢18歳以上の商品につきまして、当店では大阪府の青少年健全育成条例に基づき18歳未満のお客様からの買取はお断りしております。
  • ・同じく18歳未満のお客様への当該商品の販売も出来ませんので予めご了承下さい。

※購入時にお客様の年齢確認を求める場合が御座います。