タナカ Smolt Revolver 4inch HW Ver.3 モデルガン

ガンショップグルカ グルカ秋葉原 新品

¥ 27,500 税込

発売日: 2021/10/14

メーカー: タナカワークス

品番:

個別備考:

数量

1970年代のS&W社357マグナムリボルバーには、バレル下のウエイト装備(フルラグ)のモデルが存在せず、ライバルであるコルト社のパイソンのほうがバレルの加工精度も高く、アンダーラグの重量増加により、射撃時の跳ね上がりを抑えることができました。パイソンは元々ライフリングの効果も高く、弾頭により強い回転を与えられるので直進安定性に優れていると評価されています。しかしパイソンのトリガーアクションはスムーズな反面、ハンマーの落ちる瞬間がつかみにくく、逆にS&W社のアクションはトリガーコントロール上有利とされていました。そこで腕利きのガンスミス達は両者の長所どうしを組み合わせた究極のハイブリットリボルバー“スモルト”を誕生させました。
中でもカリフォルニア州のビル・デイヴィス氏がよく知られており、一般的なヨークにロッキングボールを仕込むタイプとは別に、エジェクターロッド先端をロックする手の込んだビル・デイヴィス初期作品は希少性の高く人気となっています。パイソンのバレルとシリンダーサイズを忠実にコピーし、パイソン・イーターとして投入されたLフレームM586が登場するまでは、PPC競技やコレクターズアイテムとして圧倒的な存在感と魅力を放っていたカスタムリボルバーです。
日本ではスマイソン(SMYTHSON)の名で親しまれていましたが、米国ではメーカー名の組み合わせたスモルト(SMOLT)の名で呼ばれてきました。最新のVer.3化にあたりモデル名もスモルトに変更いたしました。汎用性の高いラウンドバットフレームを採用していますので、グリップ交換などカスタムの幅も広がるモデルとなっています。ウエイト入りホーグタイプ・ラバーグリップを標準装備。

発火式モデルガン
主要材質:HW樹脂
フレームタイプ:Kフレーム・ラウンドバット
全長:240mm
重量:849g
装弾数:6発
使用カートリッジ:.357magnum発火カートリッジ
7mmキャップ火薬使用

PAGE TOP