ドラゴンアーマー 1/72 ドイツ8輪重装甲車 Sd.Kfz.232 第1SS装甲師団 「LAH」 ポーランド1939

名古屋店 中古良品[A]

¥ 5,500 税込

発売日:

メーカー: ドラゴンアーマー

品番: 60585

個別備考:

関連カテゴリ

  1. その他
  2. 戦車・軍用車両

2000019837961

掲載させて頂いております画像はサンプル画像となっております。
 詳細につきましては商品名の下に記載させて頂いております。
 また、セット内容等記載が御座いますが欠品等あった場合は個別備考に記載させ
 て頂いておりますのでご確認の上お買い求め頂けますよう宜しくお願い致します。

数量

塗装済完成品
第二次世界大戦中、ドイツ軍が開発した8輪重装甲車がSd.Kfz.231シリーズです。
ビュッシングNAG社によって開発されたシャシーは8輪すべてが駆動し、操舵可能という全輪走行全輪操舵という凝ったメカニズムを採用していました。
また、前後に運転席を装備。方向転換することなくバックすることも可能でした。エンジンは水冷V型8気筒ガソリンエンジンを搭載。最高速度は90km/hを発揮しました。
被弾経始に優れた独特なデザインの装甲を施された車体には旋回砲塔を装備。MG34と2cmKwK30(のちにKwK38)機関砲を搭載していました。
その車体に大型のフレームアンテナを装備した無線車型がSd.Kfz.232です。
車内に大型無線機Fu.12を搭載。戦車師団などに配備され、その優れた走破性とともに部隊の目、師団の目として偵察任務などに活躍しました。

モデルについて
モデルは1/72スケール、全長約8cmでSd.Kfz.231を再現した組み立て塗装済み完成モデルです。
直線が組み合わされた特徴あるスタイルは実感たっぷりに再現。
そのユニークなスタイルを手に取ってじっくりとお楽しみください。
車体下面に見える8輪走行8輪操舵にダブルウィッシュボーンサスペンションはじめ、複雑なメカニズムもモデル化。興味深くご覧いただけることでしょう。
新規パーツなども加えて、車体上部に張り巡らされたアンテナも繊細に再現。
スタイルを特徴づけているパーツだけにスケール感を損なわない太さに気を使った再現が全体を引き締めています。
カラーリングは大戦初期、1939年のポーランドで戦ったエリート部隊として知られる第1SS装甲師団「LAH」の所属車両を再現。
ジャーマングレーの塗装に部隊マーキングなどもしっかりと再現。
また、ウエザリングや汚しも施され、実感ある仕上がりです。
コレクションはもちろんすでに発売中の戦闘車両などと組み合わせて情景製作を楽しんでみるのも楽しみです。

主な特徴
・1/72スケール
・全長約8cm
・砲塔は旋回可能
・塗装は第1SS装甲師団「LAH」の所属車輌を再現
・ディスプレイやコレクションに便利なクリアケース入り

PAGE TOP